*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のサンプル1は Cメジャースケールでした。

コード進行は(ダイアトニックCが主音)1-6-2-5 1-3-2-5~ 


Cメジャースケールドレミファソラシドと同じ構成音で出来ている、を主音としたAマイナースケールで サンプル1と同じコード進行(ダイアトニックAが主音)1-6-2-5 1-3-2-5~で弾き、そしてやはりサンプル1と同じメロディを乗っけてみました。


さんぷる2

なるほど!   確かに少し寂しい感じになりましたね^^    面白い!

この時、Aマイナースケールのトニックである1度のコードAmに向かう5度(ドミナント7)Em7は、ソの音を半音あげたソ#E7を使う。

確かに弾き比べると Em7よりもE7の方が 不安定感があり、トニックに落ち着こうと言う性質がありますね。



まぁ少し悩ましいけどそういうもんなんだと覚えておこう。(音楽らしくなってきた)



スポンサーサイト


この記事へコメントする















koshiro1971

Author:koshiro1971
アコギに魅せられ日々精進!

色んなブログに会いに行こう!
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
ランキング参加中♪  クリックして頂けるとブログ活動の励みになります。m(_ _)m
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。