*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010_1017_180345-DVC00059.jpg

前回の続きです。
揃えた道具は前述した日記の通り。。。


2010_1017_142822-DVC00009.jpg
少しもったいない気もしますが、1.のシャドウのジャックを切断してコンタクトだけを使います。2010_1018_174025-DVC00002.jpg参考までに、随分前に造ってみた自作ピエゾですが、こんな感じの素子でも結果できたと思います。  確か2枚組で5.60円ぐらいだったと思いますけど、、、今回は贅沢に製品をちょん切っちゃいました(笑)

2.で配線用に穴を開けます。4.を見てもらえれば分かると思いますが、位置が結構シビアです。


2010_1017_142719-DVC00007.jpg
ギタートップに補助版を貼ってその上に吸盤をくっつけるので、大きさのバランスが重要ですね。
今回は直径2センチ程度のピエゾを5センチの吸盤で覆い、それを6.5センチの補助版に乗っける要領です。

ここまでは順調ですが、ここからが心配なところではありました。
2010_1017_153700-DVC00022.jpg
せっかくの吸盤も穴が開いたままでは空気が当然漏れます。 そこでグルーを慎重に塗り固めてみたところ、何とかテストでは張り付いてくれました。2010_1020_122937-DVC00008.jpg
ちなみにこの後最終的にギター内部に取り付けることになりますが、宅録使用でこのように使うのであればテープの付着もない(汚れない)し、ほこりやらを綺麗に取り除きしっかり吸着させれば強い揺れや振動でも落ちませんし、強く密着してるので音も良く拾ってくれますので結構お勧めです。



さてさて・・・ デュアル使用ですから当然マグもつけます。

2010_1017_175020-DVC00055.jpg
LRバッグスのM1(パッシブ)ハムバックを選びました。  他にもFishmanシリーズを3個持ってますが、今回はあえてコレにしました。 色々試して音が自分なりの好みの音でしたので、悩みましたが決めました。  取り外しも可能だし、他のマグも3.5mmプラグに付け替えてやれば取替え自由になりますしね。

この付属ジャックにコンタクトを半田していきたいと思います。



また明日にでも残りをUPします。               









スポンサーサイト


この記事へコメントする















koshiro1971

Author:koshiro1971
アコギに魅せられ日々精進!

色んなブログに会いに行こう!
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
ランキング参加中♪  クリックして頂けるとブログ活動の励みになります。m(_ _)m
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。